経済的自由を目指すあなたへ!個人事業主になって節税しよう!

俺は節税で経済的自由を目指す!

節税で経済的自由を目指すってどうゆうこと?

節税によって得られたお金を使って投資をしていくだ!

そんなに変わってくるものなの?

じゃあ、比較していくね。

目次

会社員と個人事業主の税額比較

弟は年収いくらぐらい?

600万ぐらいかな!

じゃあ俺(個人事業主)が年収600万の場合と弟(会社員)が年収600万で所得税・住民税を比較していくよ!

会社員(年収600万)の所得税と住民税

計算っていうけど、まずは課税所得ってやつを出さないといけないんだよね?

そう!

課税所得×所得税率-控除額=所得税だからね。

そこらへんがイマイチなんだよね・・・。

じゃあ、課税所得の出し方書いていくね!

課税所得は次の式で表されるよ。

課税所得=年収-(給与所得控除)-(所得控除)

給与所得控除っていうのは会社員の経費みたいなもんだよ。

所得控除っていうのは特定の人に不利な税金が掛かかりすぎなくするための制度!

例えば、生命保険料控除や扶養控除が有名。

それで結局、俺の課税所得はいくらになるんだ?

年収600万円だとこうなる。

課税所得=600万-(600万×20%+54万)(111万)=315万

が給与所得控除、が所得控除だよ!
だから、君の課税所得は315万円

じゃあこれに税率を掛けたらいいんだね!

その通り!

君の場合は所得税率・住民税率とも10%だからこんな感じになる♪

年収600万円の場合の所得税・住民税

所得税:315万×10%-9万7500(控除額)=21万7500円
住民税:315万×10%+5000(均等割)=32万5000円


合計54万2500円

50万円以上取られているのか…。

なんだかむなしくなってくるな(笑)

個人事業主(売上600万)の所得税と住民税

じゃあさっきと同じように課税所得を算出しよう!

ん?でも給与じゃないからどうやるんだ??

個人事業主には別の式がある!

それがこちら♪

課税所得=売上-(青色申告控除)(必要経費)(所得控除)

うん、なんか控除増えたな(笑)

そう!

個人事業主は利用できる控除が多いんだ!

特に、必要経費ってのが節税に効果抜群!

必要経費って?

経費ってのは事業として売り上げを得るために使用したお金のこと!

経費にできるものはこちらを参考にしてね☟☟

家賃、携帯代、電気代、食事代・・・・って!

1年間ですごい金額になりそうだね。

俺は、年間で約300万が必要経費としてかかるから
課税所得はこんな感じ☟

課税所得=600万-65万300万-70万=165万

が青色申告控除、が必要経費、が所得控除だよ!
俺の課税所得は165万やな!

俺よりだいぶ課税所得が減ってるね。

そうだね。

課税所得が減って所得税率が5%住民税率が10%になるからこんな感じになる☟

売上600万円の場合の所得税・住民税

所得税:165万×5%-0(控除額)=8万2500円
住民税:165万×10%-5000(均等割)=17万円


合計25万2500円

え!俺より年間30万円も低い!

そう!

自分は、この年間30万円を投資に回すことで経済的自由に近づこうと考えているだよ!

ちなみに30万円を平均利回り4%で30年運用した場合はこうなる☟

節税したお金を運用するだけで約2000万円!

世間では「老後資金2000万円不足」といわれているけど、節税したお金を投資で運用するだけで2000万円が確保できてしまうのだ!

2000万円というお金は経済的自由になるための助けになることは間違いないんじゃないかな!

まとめ
  • 個人事業主は会社員と比べて節税がしやすい
  • 節税で得られたお金を投資で運用することで資産を増やしていく

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる