公務員がfinancialfreelanceを目指す方法とは?

公務員(弟)の部屋
この記事は約5分で読めます。

世間一般と同じことやってるとfinancialfreelanceから遠ざかるのはよくわかったぞ弟よ!!

それはなによりですな。

じゃあ、公務員がfinancialfreelanceを目指すためにはどうしたらええのや??

方法は2つしかないかなあ。
なんだと思う?

そんなにあるんやな・・・
考えつくのは「投資!節約!」とかやな(*´з`)
まあでも説明してくれるんやろ??

まさにその通り!
じゃあ説明するね!

financialfreelanceは人それぞれで違う形?

誰もが目指したい経済的自由(*´з`)
でもそれは人それぞれで目指す場所が違うものでもあると思います。

・どこで暮らしているか
・どこで何をしてお金を得ているか
・家族構成はどうなっているか
・今の年齢は何歳なのか
・現在の資産状況はどんな感じか
例えばこれらによって(実際はもっと多くの要因で)状況が変化してしまうからです(=゚ω゚)ノ
少し辛辣な言い方をすればこういうことにもなります。

人によっては目指すことのできない形のfinancialfreelanceも存在する

 

もちろん各自の価値観に従って目指せるのが一番良いことだと思いますが、

どうやって目指せば良いかなんてわからん!!!

という方も少なくないと思います。

なので、今回は導入として公務員がfinancialfreelanceを目指す方法を考えてみたいと思います。

公務員が目指す方法は2種類しかない??

公務員は多くの場合、副業などで収入を増やしたり個人事業主として節税をしたりは原則としてできません。(今後はできるようになるかもしれませんが・・・)

そのため、公務員が早期にfinancialfreelanceを目指すためにできる手段は次の2つになります。

①各種投資を行い、複利効果を味方につける
②支出を抑えまくって貯蓄のみで賄う

完全に年功序列で給与が決定される公務員(もしくは会社員)はいくら仕事を頑張ったところで給料が2倍になることはありませんΣ(゚Д゚)ナンテコッタイ

収入支出+保有資産×運用利回り年間資産増加量

この式は資産がどのくらい増えるのかを数式にしたものですが、公務員が自分の意志で変更できるのは青文字部分になります。

唯一収入だけは自分の意志で変更することができません。これは公務員が安定と引き換えに失っているものとも言えそうです。

給料が意図的に増やせないから貯蓄が増やせない

貯蓄が増やせないから仕事を辞めることができるだけのお金が貯められない

このような状態になってしまうことがfinancialfreelanceを達成できない要因となっているのです。

投資をして複利効果を味方にしよう

この超低金利時代に、

銀行預金で資産形成するぜ!!

なんて人はいないと思いますが、投資をしている人も多くはありません。

投資をしていないのだから、運用効果がどのくらいなのかが想像できないわけです。これは当然ですね?

なので今回はAさんとBさんに登場してもらい比較しようと思います。

じゃあ、AさんBさんの登場です!

A

公務員として勤務して5年目の男性です。
手取り年収は360万円で年間支出は300万円です。
リスク取りたくないので全額貯蓄します!

B

公務員として勤務して5年目の男性です。
手取り年収は360万円で年間支出は300万円です。
リスク取っていきたいので全て投資に回していきます!

AさんとBさんの違いは「貯蓄か投資か」のみです。
それでは、35年後の資産状況を少し覗いてみましょう|д゚)

Aさんは全額貯金なので、年間利回りは金利(0.01%)となります。
35年後の資産を計算すると21,036,705円(利益36705円)となります。
35年間運用し続けて36705円の利益が得られる計算になります。

Bさんは全額投資でした。仮に年間利回りが4%であったとします。
35年後の資産を計算すると45,686,547円(利益24686547円)となります。
35年間運用すると2500万円程の利益が得られる計算になります。

AさんとBさんの資産額推移をグラフにするとこんな感じになります↓↓

ここで言う年利回り4%は夢物語ではなく、平均的な利回りだと言われています。
たった4%だと思うかもしれませんが、長い期間を運用出来れば大きな力になることが分かるかと思います。

公務員は収入を意図的に増やせないからこそ、投資を早く始めて複利の力を味方につけるべきなのかもしれません(/・ω・)/

支出を減らして貯蓄のみで賄えるようにする

先ほどAさんは月に5万円(年間60万円)を貯蓄のみに回していました。
AさんとBさんを比べると約2倍の資産額差になってしまっています。

もし、AさんがBさんと同じくらい資産を持たせたい場合どのようにしたらよいでしょうか?

持ってる金が半分なんやろ?
半分で生活したらええんとちゃうか!?
でもやりたくないなあ・・・

正解だよ!!
支出を抑えながら楽しく暮らせるのは才能の1つだね!!

例)Aさんが2400万円、Bさんが4800万円の資産を取り崩す場合
・Aさんは月10万円取り崩しを行う
・Bさんは月20万円取り崩しを行う
この時に資産が尽きるまでにかかるのは両方とも20年になります。
 
もし仮にAさんが「Bさんの半分のお金でBさんと同等の満足感を得られる使い方ができる」のであれば、貯蓄のみでも問題ないのかもしれません(/・ω・)/

俺には無理やな!!!!!
うまいもん食いたいし!!!

太るよ?(笑)
まあでもそれは同意かなあ・・・

公務員は安定の代わりに失っているものがある

公務員はとっても安定しています。それは間違いありません。

給与は余程のことがなければ上がっていきますし、賞与も出ます。

でも、代わりに「副業をする・税金を減らす」といったことに制限が掛かっています。

これは「会社に依存している状態」に他なりません。

会社から給与が払われない=自分の人生も立ち行かない

この状態に公務員は陥りやすいともいえるかもしれません。

一歩間違えば社畜まっしぐらやな~(笑)
公務員は副業出来ないのがやっぱり痛いよなー

命削って働いてますよ、はい(笑)

一生社畜生活は結構しんどいよなあ

だからこそ、資産からの収入を作って会社に依存している状態を脱していきたいんだよね。

・公務員は会社に依存している状態に陥りやすい
・脱するためには資産からの収入を得ることが不可欠
・もしくは、支出を凄く抑えて(更に満足度高く)暮らすこと
資産収入をなるべく多くすることがfinancialfreelanceへの道です!!

公務員でも経済的自由は目指せるよ!
一緒に頑張って目指していこう!!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました