副業が会社にバレない方法!バレる原因を理解して対策を考える!

ぼちぼち新年度に向けて副業はじめてみよう!って人は増えてくるんちゃうかな?

そこで気になるのが「副業は会社にバレるのか?」

バレる仕組みを理解して対策を考えていこう↓↓↓

目次

副業がバレる原因は?

なんで副業がバレるかが分かんないんだよね。

何が原因だと思う?

所得税!?

ちゃう↓↓↓

所得税

「1月1日~12月31日の所得金額」によって計算して決定されます。

本来は、確定申告の時に決定した所得税を納めるのですが、一括で納めるとなると負担が大きくなってしまいます。

この負担を分散させるために、会社が「この人の給料なら所得税はこのぐらいだろう」と計算して毎月の給料から少しずつ天引きをしてくれます。

これを源泉徴収といいます。

副業によって本業の源泉徴収額が変化するのであれば副業がバレる可能性があります。

しかし、源泉徴収額は「本業では本業の所得からのみ計算」「副業では副業の所得からのみ計算」されるので副業の影響を受けません。

イメージはこんな感じです。

矢印が重なる箇所が自分しかないので副業の影響がないのがわかります↓↓↓

つまり、所得税では副業はバレないのです。

なるほどね!

じゃあ、住民税!?

正解!!!!!!!!!!

じゃあ、住民税に関して詳しく解説していくで↓↓↓

住民税はどう決まるのか?

住民税は「前年1月1日~12月31日の所得金額」に対して計算され決定します。

決定された納税額が6月ごろに会社に通知され毎月の給料から住民税が天引きされます。

これが明細でみる住民税の正体です。

ここで押さえておきたい重要なポイントがあるで!

「前年1月1日~12月31日の収入」は、給与所得が複数ある場合(副業アルバイト)の収入金額は本業とアルバイトの合算になるってことや!

2つの徴収方法がある住民税

住民税って徴収方法が2つあるの!?

そう!それこそが副業がバレる原因なんや↓↓↓

特別徴収

特別徴収は給与所得によって発生した住民税を会社が給料から天引きする形で徴収する方法です。

複数の給与所得があっても特別徴収は本業の会社のみで行われます。

こんな感じ↓↓↓

所得税と違い矢印が市町村で重なっており、請求が本業の会社にいってますね。

つまり、「あれ?こいつ給料の割に住民税多くね?」

となってバレるわけです。

普通徴収

普通徴収は給与所得者ではない個人事業主が住民税を自ら納付する方法です。

会社の給料から天引きではなく自分で直接支払いをします。

つまり、個人事業主(事業所得や雑所得)であれば会社を通さず自分で納税ができるのです。

副業がバレないための対策は?

特別徴収と普通徴収の違いはわかったよ!!

これって副業が給与所得の場合は副業がバレるってことだとね?

残念ながら副業が給与所得だと副業がバレる可能性が高いねん。

けど可能性が0ではないんやで↓↓↓

副業が給与所得の場合

給与所得の場合は、税務署に連絡して「副業先の住民税に関しては普通徴収にしてもらえませんか?」と頼むしかないです。

配慮して分けてくれることもあるそうですが、地域によって変わってきます。

特別徴収で給与から天引きしたほうが確実に税金を徴収できるので、普通徴収にするのは断られる可能性が高いと考えておきましょう。

副業が事業所得以外の場合

副業が事業所得や雑所得の場合は、確定申告用紙に「特別徴収」「自分で納付(普通徴収)」を選ぶ所があるので「自分で納付」を選択します。

画像でいう赤枠の部分です↓↓↓

これで副業分(事業所得・雑所得)の住民税に関しては会社に報告がいかないので副業がバレません。

6月頃に自宅に住民税納付書が届くので自分で住民税の支払いをしましょう。

最後にもう一押し!

え!まだなんかあるの?

やっぱ人が管理するから「自分で納付」に〇しても抜けたりする可能性はあるねん。


だから俺は会社に住民税の通知が行く前(4月、5月)に自治体の税務課に電話して「普通徴収になっているか確認してください」ってお願いするようにしてるで!

解説した方法で3年間確定申告をしていますが、副業はバレていません。

副業がバレないためには事業所得雑所得をGETできるようにすることが大切です。

個人事業主になろう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる