【知ってる?】児童手当と児童扶養手当の違い

公務員(弟)の部屋
この記事は約7分で読めます。

突然だけど、児童扶養手当って知ってる?

ん?児童手当のことやろ??
俺も子供が生まれたら全部運用する予定やで!!

児童手当じゃなくて児童扶養手当
俺もこの前調べてたら出てきてなんだろうと思ってさ。

なんや、似た名前でややこしいな(笑)
ついでやから、2つともまとめてや(*´з`)

覚え書きも兼ねてまとめてみるよ!!

児童手当

じゃあまずは児童手当からだね!!

たしか所得制限があるんやったな?

それ凄い印象に残ってるんだね?(笑)
順に書いてくよー

児童手当とは?

ではまず、そもそも児童手当は何のための手当なのでしょうか?

内閣府のHPを調べてみると…(以下内閣府HPより引用)

児童手当は、子ども・子育て支援の適切な実施を図るため、父母その他の保護者が子育てについての第一義的責任を有するという基本的認識の下に、家庭等における生活の安定に寄与するとともに、次代の社会を担う児童の健やかな成長に資することを目的としています。
0歳から中学校卒業までの児童を養育している方に支給されます。

なっがいな…
要は、義務教育修了まで国からお小遣いが貰える制度やな!

まさしくその通りなんだけど言い方よ(笑)

児童手当とは、義務教育修了までの間児童を養育している人に対して一定額が支給される制度です。

そこで気になるのは、

「両親のどちらがもらえるのか」「どのくらい貰えるのか」ですよね(*’ω’*)

さっそく見ていきます。

誰が貰えるの?

まず、誰が受給できるのかですが…

中学校卒業まで(15歳の誕生日後の最初の3月31日まで)の児童を養育している方

と書いてありました。

両親のみとかやないんやな。

そうだね~。
だから、事情があって祖父母が扶養している場合や施設に入居している場合にはそちらに支給をされるみたいだね!

じゃあ両親で共働きだったらどっちに支給されるんや?

その場合は収入が高い≒生計中心者に支給されるよ!
基本的には旦那さん側が多いんじゃないかな??

離婚とかして、親権が妻になっても夫に支給??

その場合は旦那さんは子供と一緒に暮らしていないから扶養しているとはならないよ!
だから、この場合は奥さんが支給対象になるよ!!

まとめるとこうなります。

児童手当が支給されるのは1名のみ
・支給対象は児童と同一生計(一緒に住む+同家計)で扶養している人

・必ずしも両親ではない(祖父母・児童施設なども支給対象)
・生計中心者(収入が高い方が一般的)に支給される
・児童が海外に住んでいる場合は支給されない(留学の場合は例外)
 

しれっと海外に住んでいる場合が追加されとんな(笑)

ばれた?
これに関してはあまりないとは思うんだよなあ…
普通に1年とかの留学なら支給されるよ!
でも、父母や後見人と同居していないことが条件ね!

どのくらい貰えるのか

これは知ってるで!!
これやろ↓↓

所得制限なし:15年間で198万円
所得制限あり:15年間で90万円

それは子供1人の場合の総額だね!
支給額はこんな感じになるよ!!

3歳未満(3歳の誕生日が属する月分まで) 15,000円
3歳以上小学校修了前の第3子以降 15,000円
3歳以上小学校修了前の第1子と第2子 10,000円
中学生 10,000円
所得が所得制限以上の一般受給資格者は、児童1人につき月額 5,000円

これも見たことあるな!!
そうそう、所得制限について書いてや!

おっけい!前置きとして…
所得制限は「支給を受ける人の所得」が一定以上だとかかるよ!
支給されるのは1人だから、世帯収入ではなくて収入の高い方のみで判断されるからね!!

ふむふむ。

所得制限はこうなってるよ~。

扶養親族等の数所得制限限度額
(万円)
収入額の目安
(万円)
0人622833.3
1人660875.6
2人698917.8
3人736960.0
4人7741002.1
5人8121042.1

一人で833万円稼がなければOKってことやな!!
ん?てことは2人で800万ずつ稼いでも制限なし?

そういうことになるね…
逆に片方が900万円+もう片方が100万円だと制限がかかるよ!

とんでもないな(笑)

これに関してはそのうち世帯年収で判断するようになるかもね!
明らかに不公平になってしまうし(*´з`)
今に関しては共働きのほうが得な選択かもしれないけどね~

まとめるとこうなります↓

・児童手当は児童の年齢や数によって金額が変化する
・所得制限の有無で100万円程度の違いが出てくる
所得制限は収入の高い方のみで判断される
・一人で稼ぐよりも共働きの方が所得制限がかかりにくい(現状は)

所得制限がかからん位で共働きするのが高効率やな!

そうだね~。
児童手当は教育資金の強い味方だからうまく利用したいね!

児童扶養手当

ほんなら次は児童扶養手当やな!
さっきは養育やったけど今度は扶養なんやなー。

そうだね、でも児童手当とは全く異なる種類の手当だよ!

児童扶養手当とはどのような手当なのでしょうか?

児童手当と同じように「誰が」「どのくらい貰えるのか」を書いていきます。

児童扶養手当とは?

児童扶養手当がどんな手当か調べてみると…。

ひとり親家庭等の生活の安定と児童の健やかな成長のため、手当を支給する制度です。

ひとり親家庭に対する手当ってことか?

その通り!
この制度は片方もしくは両方の親に何かしらの事情がある家庭に支給されるんだよ!!

誰が貰えるか

受給資格があるのは、ある条件を満たした児童を扶養している方です。

まず前提としては「児童」なので、

通常は18歳以下(心身に中度以上の障がいのある児童は20歳未満)の子供になります。

そしてプラスしてある条件を満たすと受給できます。

その条件はというと…。

・父母が婚姻を解消した児童
・父または母が死亡した児童
・父または母が重度の障がいにある児童
・父または母から引き続き1年以上遺棄されている児童
・父または母が引き続き1年以上拘禁されている児童
・父または母が裁判所からのDV保護命令を受けた児童
・母が婚姻しないで生まれた児童
・父または母の生死が明らかでない児童

随分と重たい内容やな…

そうだね…。
児童扶養手当に関しては「セーフティネット」としての働きだね!

使わない環境であることにこしたことはないけど、必要な人には重要な制度やな。

日本はこういったセーフティーネットがしっかりしているから、まずは相談してみることが重要だね!!

児童扶養手当は両親に何かしらの事情がある場合に、困窮しないことを目的に支給される手当である。

どのくらい貰えるのか

結構手厚く貰えるんやろか?

う~ん。
そこまで手厚くはないかなあ…。

支給金額は以下の通りになります↓↓

児童数全額支給の場合一部支給の場合
1人月額43,160円月額43,150円から10,180円
2人上記金額に10,190円加算上記金額に10,180円~5,100円加算
3人3人目以降
1人増すごとに6,110円加算
3人目以降
1人増すごとに6,100円~3,060円加算

う~ん、最大でも45000円未満か…。

片方の親権者のみでの場合、45000円で充分かちょっと疑問だよね…。
しかも、これにも所得制限があるよ!

ホンマにか!?

これもかなり厳しくて、子供一人のみだと
全額支給だと490,000円一部支給だと1,920,000円以上所得があると制限がかかるようになるよ。

中々厳しいな…

・最大でも毎月45000円程度の支給となる
・全額支給が受けられるのは所得が49万円までの人物
・一部支給であっても192万円の所得があると受けられない。

名前は似ていても全く違う制度

2つを比べると全く違う制度やな~。
似てる名前なのに…。

そうだね。
色々な制度がありすぎるから一つずつ知っていかないとね!

児童手当と児童扶養手当を見ていきました。

名前がかなり似ている2つの制度ですが、役割が全く異なっています。

日本はかなりセーフティネットが充実した国家ではありますが、制度を知らないことには利用することもできません。

かなり多いですが、少しずつ勉強を進めていく必要があるかもしれません。

・児童手当は子供のいる世帯にほぼ例外なく支給される。
・児童扶養手当はある条件を満たした子供のいる世帯に支給される。
・役割は「充実」「セーフティ」かの違い。

これからも色々調べて書くぞーーー。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました