Kindle Unlimitedの評価!魅力・料金体系・登録方法・使い方を解説!

Kindle Unlimited

Kindle UnlimitedはAmazonが提供している電子書籍の定額読み放題サービス。

ビジネス書・小説・雑誌などラインナップも充実しており非常に人気の高いサービスです。

Kindle unlimitedは5月7日からキャンペーンとして「月額980円」のところ「30日間の無料体験」もしくは「2ヶ月間299円」で利用ができるようになっています。

筆者もキャンペーンを利用してKindle Unlimitedを使い始めました!

実際に使って分かったKindle unlimited魅力・料金体系登録方法使い方などを解説していきます!

目次

Kindle Unlimitedの魅力

まずは、結論から!

Kindle unlimitedの魅力は☟☟☟

①書籍の数やジャンルの豊富さが圧倒的
②Kindleアプリの機能が豊富
③スマホでいつでも読書ができて、荷物にならない
④ダウンロードして読める
⑤対応端末が多い
⑥普段読まないような本も気軽に手を出しやすい

①~⑥を詳しくみていきます!

①書籍の数やジャンルの豊富さが圧倒的

Kindle unlimitedで読める本の数は、なんと200万冊

書籍の数やジャンルの豊富さはKindle Unlimitedの最大の特徴と言えるでしょう。

他の電子書籍サービスと比較していきます☟☟☟

電子書籍サービス 冊数 月額料金 ジャンル
Kindle unlimited 200万冊以上 980円 ビジネス書・実用書・小説・雑誌・漫画
コミックシーモア(フル) 8万冊以上 1,480円 漫画・小説・雑誌
ブック放題 3万冊以上 550円 漫画・雑誌
楽天マガジン 500冊 418円 雑誌

スマホの場合はスクロールしてみてね

それぞれ「漫画」「雑誌」に特化しているなどの違いはありますがKindle unlimitedの冊数が圧倒的なのがわかります。

また、Kindle unlimitedは豊富なジャンルで「成人向けの書籍」も読み放題の対象となっています。

②Kindleアプリの機能が豊富

フォント(ゴシックor明朝)、フォントサイズ(14段階)を変更できます。

背景カラー(4種類)、行間隔(3種類)を変更できます。

その他にも「明るさ調節」「しおり機能」などがあります。

このように、Kindleアプリには読書を自分好みにカスタマイズする機能が豊富に搭載されています。

③スマホでいつでも読書ができて、荷物にならない

Kindle unlimitedはスマホやタブレット1つで200万冊の本を持ち歩いてるのと一緒です。

200万冊を持ち歩いてるのに重さは1キロ以下

通勤や通学など移動中はなるべく身軽でいたいというのは皆さん共通の思いなのではないでしょうか?

Kindle unlimitedであれば身軽な状態で読書が楽しめます。

④ダウンロードして読める

Kindle Unlimitedの対象タイトルは自分の端末にダウンロードすることで、インターネット回線がつながってないオフラインの環境でも電子書籍を読むことができます

ビジネス書や小説などをwifi環境で1度にダウンロードしてしまえば通信制限などもきにする必要がありません。

地下など電波が届きにくい場所でも快適に読書をすることができますね。

⑤対応端末が多い

スマホ(iPhone・android)、タブレット(iPad・androidタブレット)、パソコン(Windows・Mac)など多くの端末に対応しています。

複数のデバイス間でもAmazonアカウントを通じて同期されているので、通勤時間にスマホで読んでいた話の続きを家に帰ってパソコンの大きな画面で読むといったことも可能です。

⑥普段読まないような本も気軽に手を出しやすい

3,000円以上する高額な書籍が読み放題のタイトルになっていることがあります。

よほど興味のある分野でないと1冊の書籍に3,000円以上を投資することはありません!

Kindle Unlimitedであれば無料ですので、気軽に高額な学術書や研究書などに手を出すことができます。

新たな発見があるかもしれません!

①~⑥の魅力はどうでしたか?

読書好きには嬉しい魅力がたくさんあったと思います。

キャンペーンを利用してお得にKindle unlimitedを始めてみましょう!

月額料金と支払い方法

Kindle unlimitedは月額定額制で何冊読んでも980円(税込み)。

初回申し込みであれば「30日間無料キャンペーン」があるので気軽にお試しができます。

5月7日から「2ヶ月間299円」で利用できる「はじめてのKindle unlimitedキャンペーン」を実施中!

※「30日間無料キャンペーン」と「はじめてのKindle unlimitedキャンペーン」の併用はできないため、どちらか一方のみ選択。

お得に始めるチャンス!

支払い方法は「クレジットまたはデビッド」「Paidy翌月払い」「携帯決算」から選択できます。

Kindle Unlimitedの登録方法

Kindle unlimitedに登録する方法はとても簡単です。

スムーズにいけば5分以内に完了します!

STEP
リンクからKindle Unlimitedの公式サイトへアクセス

こちらのリンクからアクセスして下さい☟☟☟

STEP
サインインをクリック

サインインをクリック☝☝☝

STEP
Amazonアカウントにログイン

Eメールアドレスまたは電話番号を入力☝☝☝

次に進むを押してパスワードを入力後、ログインします☝☝☝

※Amazoアカウントを持ってない場合はAmazoアカウントを作成するを押してアカウントの新規作成をします。

STEP
無料体験orキャンペーンプランを選択

好きな方を選びましょう。

2ヶ月キャンペーンにしたい場合は、赤枠をクリック!

※キャンペーンの内容は変更されるので「Kindle Unlimited公式サイト」で確認してください!

STEP
支払い方法を登録して完了

「クレジットカードまたはデビッド」「Paidy翌月払い」「携帯決済」の中から選択。

クレジット番号などの登録ができれば完了です。

Kindle Unlimitedの使い方

Kindle unlimitedへの登録が終わったらKindleアプリのインストールをします。

Google playでダウンロード APP storeでダウンロード

アプリをダウンロードすることによってスマホやタブレットで書籍の検索やダウンロードができるようになります。

インストールができたらアプリを起動します☟☟☟

STEP
Kindleアプリを開く

アプリを開いたら「カタログ」を押して画面を切り替えます。

STEP
検索窓で好きなワードを検索(今回はTwitterとします)

この状態では、読み放題の本だけでなく有料本も含まれてしまいます。

有料本を除外するためにフィルターをクリックします。

STEP
フィルタで読み放題に絞り込む

フィルター欄のKindle unlimitedをクリックします。

STEP
一覧から読みたい本を選択

フィルタによりKindle unlimited対象の本のみが表示されます。

その中から読みたい本を選択します。

STEP
本をダウンロードする

読み放題で読むをクリックします。

これでダウンロードが完了すれば本が読めるようになっています。

本は左右にスワイプすればページをめくることができますよ♪

Kindle Unlimitedの解約方法

使ってみたけど「ちょっと違う!」って人のための解約方法も解説します。

STEP
Kindle unlimited読み放題にアクセス

このリンクからKindle unlimited読み放題に飛べます。

STEP
マイページにサインイン

ページにサインインしたらマイページをクリック。

STEP
Kindle Unlimited会員登録をキャンセルする

マイページからKindle Unlimited会員登録をキャンセルするを選択します。

再度、終了していいか確認されるので「終了する」を選択して解約となります。

もし合わないと思えば上記の手順で解約したらOK!

まずは試してみましょう♪

まとめ(評価)

Kindle Unlimitedは200万冊と圧倒的な品揃えと幅広いジャンルの取り扱いがあり様々なニーズに対応可能。

文字の大きさや行間隔の変更ができるなど読者の目線でよく考えられた使用となっています。

月額料金も本を2冊読めば元が取れるので良心的な価格であり、非常に素晴らしいサービスであると言えます。

ただし、ネックになる部分としては「必ずしも読みたい本があるわけではない」ということです。

実際に私も、読みたい本が読み放題の対象ではないということがありました。

最新の書籍を読みたい人・漫画を主な目的としている人などには物足りなく感じる可能性はあるかと思います。

1度試してみる価値は十分にあるので、「無料体験」や「キャンペーン」を利用して体験してみましょう。

2ヶ月間299円」のキャンペーンは突然終了することがあるのでお早めに!

さぁ!

Kindle Unlimitedを始めよう!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
Kindle Unlimited

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる