【始める前に】投資で得られるリターンを把握しておこう!

アセットアロケーション投資
この記事は約5分で読めます。

なあ、このまえ年利50%で元本保証っていう投資の広告見たんやが…

詐欺案件だね(笑)

やっぱりか(笑)
年利50%なんて無理だよなあ…

まあそれよりも元本保証があり得ないけどね~。

そもそも投資の場合に年利何%くらいなら適正なんや?

おっけー!
それなら今回は投資のリターンについて書くよ!

皆さんは自分や子供が投資を始める際にどのくらいの利回りがあれば適正なのかを理解して始めましたか??

今回は自分の子供に金銭教育をする上で知っておいて欲しい
「適正な投資利回り」について書いていきたいと思います。

適正な相場観を持つために必要なことは2つ

適正な投資利回りを知るうえで重要なことが2つあります。

①全世界の経済成長率は平均すると1~2%程度となっていること
②「」であること

この2つを知っておくことで適正な投資利回りがどのくらいなのかを知ることができます。

ちなみにこの2つに関しては「21世紀の資本」という本の内容を参考にしています。

「r>g」ってなんや??

それは今から説明するね(笑)

①全世界の経済成長率は平均すると1~2%程度になる

まず1つ目は「世界の経済成長率は平均1~2%程度である」ということです。

「21世紀の資本」という本では過去200年以上にわたるデータを集積+解析しているのですが、その結論としては…

全世界の経済成長率は1~2%程度に収まっていた

これは過去にこうなっていたということなので、未来がそうなるとは限りません。

現に、2000~2020年における経済成長率は4%程度となっています。

このグラフで言う所の青の部分が世界の経済成長率になります。

先進国は2%程度ですが新興国が4~8%程度なので全世界としては4%程度となっています。

2020年はコロナの影響がありますので、もっと減少すると思いますが20年の平均で見れば世界の経済成長率は4%程度であったということが分かります。

このように、区切り方によって経済成長率は全然違う値が出てくるわけですが、直近20年で言えば4%程度であったということになります。

①200年以上のデータでは全世界の経済成長率は1~2%程度
②20年で言えば全世界の経済成長率は4%程度

②「r>g」であること

ここで言うってなんなんや??

ほい、今から書くよ!

もう一つの知っておいて欲しいことは「r>g」という不等式になります。

この不等式でいうについてですが…

r:資本収益率資産からの収益が年平均何%あるのか
g:経済成長率→その国の経済が年平均何%で成長しているか

この2つになります。

r:資本収益率資産からの収益率になります。

資産の代表例としては「株式・債券・不動産」などがありますが、その資産からの収益がどのくらい得られるかの割合が資本収益率になります。

もし、100万円分株を保有していたとして5万円分の配当が出たとすると資本収益率は5%ということになります。

g:経済成長率はその名の通りある国の経済が何%経済成長したかというものです。指標として用いられるものとしては、「※実質GDP」になります。

※GDPは国内で新しく生産された商品やサービスの付加価値の総計になります。簡単に言えば、その年で日本という国が儲けた金額になります。
日本内で何か物が多く売れればGDPも高くなっていきます。

経済成長率が伸びていくにつれて賃金も上がっていくとされていますが、日本に関してはそうなっていないのが現状になっています。

ここで、「r>g」の話に戻りましょう。

この式の意味は「資本収益率経済成長率」ということになります。

ここで経済の成長率がそのまま賃金に反映されるとすると、

資産が膨れ上がっていく速度賃金の上昇していく速度よりも速い

ということになります。

これってどんなもん違うんや??

えーと、賃金上昇率が1~2%程度だとして資本収益率は4%程度だと言われてるね( ゚Д゚)

約2~3倍くらいやん!!

そう!だからこの話は「資産を持っている人はどんどん豊かになって、持っていない人は中々豊かになれない」って言うこと!

 
・r>gであることは200年前から現在に至るまで変わっていない。
・経済成長率は1~2%程度に対して資本収益率は4%程度
・資産を持っていない人は資産を持っている人に対して資産額の伸びが小さい

適正なリターンはどのくらいなのか

以上の2点を踏まえて適正なリターンはどのくらいなのかを考えてみましょう。

経済成長率が1~2%程度の場合で資本収益率は4%だったわけですから、その差は2~3%程度となります。

それに当てはめて考えると…

直近20年の経済成長率は4%のため、期待資本収益率は6~7%程度が上限
→幅としては4~7%程度くらいに収まっていればOK

こんな感じでしょうか(/・ω・)/

平均が4~7%なので、これ以上のものだとリスクの高い投資をする必要があるということになるのかもしれません。

もちろんそうなった場合には元本割れのリスクが高くなるわけです。

経済成長率と資本収益率から考えると適正利回りは4~7%程度になる

適正な利回りを知っていれば詐欺案件は回避できる

というわけで、適正な利回りとしては4~7%くらいかな!

じゃあ年利15%だと高めっていうことか( ゚Д゚)

かなり高めだよ!
それ以上に高くて元本保証とかを謳っているのは詐欺だよ。

適正な利回りを知っていないと、目の前にある投資利回りが高いか高くないかの判断ができないということになります。

そのため、しっかりとした相場観を身に着けてから投資を開始したほうが良いのです。

適正な利回りを知ってから投資を始めよう!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました